山佐

shānzuǒ
пров. Шаньдун (КНР)

Наука. 2013.

Смотреть что такое "山佐" в других словарях:

  • 佐藤一斎 — さとういっさい【佐藤一斎】 (1772 1859) 江戸後期の儒学者。 美濃岩村藩家老の子。 名は坦。 別号, 愛日楼。 昌平黌(シヨウヘイコウ)の儒官となる。 朱子学を講じたが, 学説としては陽明学に拠(ヨ)り, 渡辺崋山・佐久間象山・林鶴梁など多くの俊秀を輩出した。 著「言志四録」「愛日楼文詩」など。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 佐證 — (佐證, 左证) 1.證據。 《朱子語錄》卷一一○: “或旁無佐證, 各執兩說。” 明 郎瑛 《七修類稿‧奇謔‧懷馬果報》: “汝官人素不信此, 苟無佐證, 亦徒言也。” 清 蒲松齡 《聊齋志异‧李伯言》: “鞫之, 佐證不誣。” 2.謂以材料證明。 章炳麟 《無神論》: “今有一人, 自謂未生以前本是山中白石。 夫未生以前, 非其見量、自證之所知, 即他人亦無由為之佐證。” 郭沫若 《略論漢代政權的本質》二: “他還引用了後代‘耕當問奴, 織當訪婢’的話來佐證。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 佐謀 — (佐謀, 佐谋) 輔助籌劃。 《墨子‧明鬼下》: “察山川鬼神之所以莫敢不寧者, 以佐謀 禹 也。” 漢 袁康 《越絕書‧請糴內傳》: “君王動大事, 群臣竭力以佐謀。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 佐谋 — (佐謀, 佐谋) 輔助籌劃。 《墨子‧明鬼下》: “察山川鬼神之所以莫敢不寧者, 以佐謀 禹 也。” 漢 袁康 《越絕書‧請糴內傳》: “君王動大事, 群臣竭力以佐謀。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 佐渡弥彦米山国定公園 — さどやひこよねやまこくていこうえん【佐渡弥彦米山国定公園】 新潟県の佐渡島と対岸の弥彦・角田山および米山の景勝地からなる国定公園。 美しい海岸と海を展望する山地が主。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 佐久間象山 — さくましょうざん【佐久間象山】 〔「ぞうざん」とも〕 (1811 1864) 幕末の兵学者・思想家。 信州松代藩士。 名は啓(ヒラキ)。 象山は号。 佐藤一斎に朱子学を学び江戸神田に象山書院を興す。 蘭学・砲術に通じ, 開国論を唱えたが, 攘夷派のために暗殺された。 門人に勝海舟・吉田松陰らがいる。 著「省諐録(セイケンロク)」など。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 山椒大夫 — さんしょうだゆう【山椒太夫・山椒大夫】 〔「山荘太夫」「三荘大夫」とも書く〕 丹後国由良(ユラ)に伝わる伝説上の長者。 陸奥(ムツ)国の岩城判官正氏は讒言によって筑紫に流されるが, その子安寿姫と厨子王は母とともに父を尋ねて流浪の旅に出て直江津に至る。 そこで人買い山岡太夫にだまされ, 母は佐渡へ, 二人は由良の山椒太夫に売られて, 奴婢として酷使される。 のち厨子王は太夫のもとを逃れて京に上り, 出世して丹後・越後・佐渡を賜り, 母子再会を遂げ, 山椒太夫を討って仇を報いる。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • 山椒太夫 — さんしょうだゆう【山椒太夫・山椒大夫】 〔「山荘太夫」「三荘大夫」とも書く〕 丹後国由良(ユラ)に伝わる伝説上の長者。 陸奥(ムツ)国の岩城判官正氏は讒言によって筑紫に流されるが, その子安寿姫と厨子王は母とともに父を尋ねて流浪の旅に出て直江津に至る。 そこで人買い山岡太夫にだまされ, 母は佐渡へ, 二人は由良の山椒太夫に売られて, 奴婢として酷使される。 のち厨子王は太夫のもとを逃れて京に上り, 出世して丹後・越後・佐渡を賜り, 母子再会を遂げ, 山椒太夫を討って仇を報いる。… …   Japanese explanatory dictionaries

  • 佐野乾山 — さのけんざん【佐野乾山】 尾形乾山が晩年になって下野(シモツケ)国佐野で焼いた陶器。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 佐野 — I さの【佐野】 (1)栃木県南部の市。 もと佐野氏の城下町, 日光例幣使街道の宿場町として発展。 古くから佐野縮(チヂミ)の産地として知られ, 縫製業が盛ん。 近年, 金属・機械工業が立地。 (2)群馬県高崎市の南東部の地名。 謡曲「鉢木(ハチノキ)」の舞台で, その主人公佐野源左衛門の邸跡と伝える常世神社がある。 → 佐野の船橋 (3)和歌山県新宮市南端の地名。 「佐野の渡(ワタリ)」(歌枕)で有名。 狭野。 「駒とめて袖打ちはらふかげもなし~の渡りの雪の夕暮/新古今(冬)」 II… …   Japanese explanatory dictionaries

  • 佐佑 — 1.輔助;支持。 《晏子春秋‧問上七》: “今寡人亦欲存 齊國 之政於夫子, 夫子以佐佑寡人。” 唐 杜甫 《惜別行送向卿進奉端午御衣之上都》詩: “ 向公 泣血灑行殿, 佐佑卿相乾坤平。”一本作“左佑”。 宋 歐陽修 《太子太師致仕杜祁公墓志銘》: “亟用今丞相 富公 、樞密 韓公 及 范文正公 , 而三人者, 遂欲盡革眾事以修紀綱, 而小人權倖皆不悅, 獨公與相佐佑。” 宋 蘇舜欽 《上孫沖諫議書》: “某故敢繕寫雜文共八十有五篇, 求為佐佑。” 2.引申為袒護。 宋 朱弁… …   Big Chineese Encyclopedy


Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.