副詞化

fùcíhuà
грам. адвербиализация

Наука. 2013.

Смотреть что такое "副詞化" в других словарях:

  • 陳述副詞 — ちんじゅつふくし【陳述副詞】 述語の陳述的意味を補足, 強調, または明確化する副詞。 「決して行かない」の「決して」, 「たぶん行くだろう」の「たぶん」, 「もし行ったら」の「もし」のように, 否定, 推量, 仮定などの一定の陳述的意味を表す形式と呼応して用いられる。 呼応の副詞。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • — I huà ㄏㄨㄚˋ 〔《廣韻》呼霸切, 去禡, 曉。 〕 1.改變人心風俗;教化;教育。 《易‧乾》: “善世而不伐, 德博而化。” 《東觀漢記‧茨充傳》: “ 建武 中, 桂陽 太守 茨充 , 教人種桑蠶, 人得其利。 至今 江 南頗知蠶桑織履, 皆 充 之化也。” 三國 魏 阮籍 《樂論》: “夫金石絲竹、鐘鼓管絃之音, 干戚羽旄進退俯仰之容, 有之, 何益於政?無之, 何損於化?” 明 康海 《大復集序》: “ 弘治 時, 上興化重文, 士大夫翕然從之。” 清 顧炎武… …   Big Chineese Encyclopedy

  • 量詞 — Classificateurs en chinois En langue chinoise, les classificateurs (chinois traditionnel : 量詞; chinois simplifié : 量词; pinyin : liàngcí; cantonais (Yale) : leung4 chi4) sont utilisés pour dénombrer ou désigner des objets, des… …   Wikipédia en Français

  • いちはやく — いちはやく【逸早く・逸速く】 〔形容詞「いちはやし」の連用形の副詞化〕 まっさきに。 人に先んじて。 「~駆け付ける」「~逃亡する」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 逸早く — いちはやく【逸早く・逸速く】 〔形容詞「いちはやし」の連用形の副詞化〕 まっさきに。 人に先んじて。 「~駆け付ける」「~逃亡する」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 逸速く — いちはやく【逸早く・逸速く】 〔形容詞「いちはやし」の連用形の副詞化〕 まっさきに。 人に先んじて。 「~駆け付ける」「~逃亡する」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 似乎 — 副詞。 好象;仿佛。 宋 楊萬里 《後蟹賦》: “幕府初開, 延見俊良, 望見一客, 又似乎 彭越 與 解揚 。” 明 方孝孺 《雜著‧成化》: “歲時則讀法, 春秋則會射蒐狩;考其善而書之, 糾其惡而戒之……其事似乎太煩也, 然則 周 卒以此而治。” 清 紀昀 《閱微草堂筆記‧如是我聞三》: “謂能記前生, 則似乎未必。” 葉君健 《火花》一: “他似乎是在和寒風及與它結伴而來的冰凍挑戰。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • — (為, 为) I wéi ㄨㄟˊ wéi ㄨㄟˊ 〔《廣韻》薳支切, 平支, 云。 〕 1.做;幹。 《詩‧小雅‧北山》: “或出入風議, 或靡事不為。” 《淮南子‧氾論訓》: “ 周公 屬籍致政, 北面委質而臣事之, 請而後為, 復而後行。” 唐 韓愈 《太學生何蕃傳》: “ 蕃 居太學, 諸生不為非義。” 明 焦竑 《 …   Big Chineese Encyclopedy

  • — (為, 为) I wéi ㄨㄟˊ wéi ㄨㄟˊ 〔《廣韻》薳支切, 平支, 云。 〕 1.做;幹。 《詩‧小雅‧北山》: “或出入風議, 或靡事不為。” 《淮南子‧氾論訓》: “ 周公 屬籍致政, 北面委質而臣事之, 請而後為, 復而後行。” 唐 韓愈 《太學生何蕃傳》: “ 蕃 居太學, 諸生不為非義。” 明 焦竑 《 …   Big Chineese Encyclopedy

  • — I fāng ㄈㄤ 〔《廣韻》府良切, 平陽, 非。 〕 “ ”的被通假字。 1.相並的兩船;竹木編成的筏。 亦指以舟、筏渡水。 《詩‧邶風‧谷風》: “就其深矣, 方之舟之。” 高亨 注: “方, 以筏渡;舟, 以船渡。” 宋 葉適 《劉子怡墓志銘》: “導溪之水, 舟可方兮, 扶其艱凶, 底太康兮。”按, 《說文‧方部》: “方, 併船也, 象兩舟省總頭形。” 2.並列, 並排。 《儀禮‧鄉射禮》: “不方足。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • — I か (1)五十音図カ行第一段の仮名。 軟口蓋破裂音の無声子音と後舌の広母音とから成る音節。 (2)平仮名の「か」は「加」の草体。 片仮名の「カ」は「加」の偏。 II か (副) 〔多く「かく」と対で用いられる〕 あのように。 「宇奈比川清き瀬ごとに鵜川立ち~行きかく行き/万葉 3991」 III か (接尾) 状態・性質を表す語または造語成分に付いて, そのような状態・性質であることを表す。 多くさらにその下に「に」または「だ(なり)」を伴って, 副詞または形容動詞として用いられる。 …   Japanese explanatory dictionaries

Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.