割創

gēchuāng
порезаться; резаная рана

Наука. 2013.

Смотреть что такое "割創" в других словарях:

  • 割取 — 從整體中取出部分。 《太平御覽》卷九百引《玄中記》: “ 大月支 及 西胡 有牛名日支牛, 今日割取其肉三四斤, 明日其肉已復, 創即愈也。” 魯迅 《書信集‧致金肇野》: “但我看別人的作品, 割取名作之一角者也不少。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 할창 — 割創 …   Hanja (Korean Hanzi) dictionary

  • そうしょう — I そうしょう【争訟】 訴えを起こして, 争うこと。 現在では, 法律上の権利義務や法律関係の存在・形成に関しての当事者間の具体的な争い, または, その争いについて公の機関が裁断・解決をする手続き。 「訴訟」より広い意味で使われる。 II そうしょう【創傷】 機械的外力による体組織の外傷・損傷。 形状から切創・刺創・割創・挫創などに分ける。 III そうしょう【創唱】 それまでだれも言わなかったことを初めて唱えること。 IV そうしょう【双晶】 二個以上の同一種類の単結晶が,… …   Japanese explanatory dictionaries

  • 君子醫 — (君子醫, 君子医) 術精德高的名醫。 清 魏禧 《姜貞毅先生傳》: “名醫 呂邦相 夜視公曰: ‘杖青痕過膝者不治。 吾以刀割創處, 七日而痛, 為君賀矣。 ’半月, 去敗肉斗許乃甦。 邦相 曾活 黃公 道周 廷杖, 京師號君子醫也。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 君子医 — (君子醫, 君子医) 術精德高的名醫。 清 魏禧 《姜貞毅先生傳》: “名醫 呂邦相 夜視公曰: ‘杖青痕過膝者不治。 吾以刀割創處, 七日而痛, 為君賀矣。 ’半月, 去敗肉斗許乃甦。 邦相 曾活 黃公 道周 廷杖, 京師號君子醫也。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • Kanken — est un test d aptitude en kanjis japonais. Son nom est l abréviation de nihon kanji nōryoku kentei shiken (日本漢字能力検定試験, nihon kanji nōryoku kentei shiken?), ce qui signifie Test de certification d aptitude en kanjis japonais, et l on trouve aussi… …   Wikipédia en Français

  • かっそう — I かっそう【割創】 重量のある刃物(日本刀・出刃包丁・斧など)を打ちおろしてつけた傷。 II かっそう【滑走】 (1)すべるように走ること。 「氷上を~する」 (2)飛行機が離陸や着陸のため, 地上・水上を走ること。 III かっそう【褐藻】 植物界の一門。 海産で, 緑藻・紅藻とともに狭義の藻類の一群。 葉緑素のほかにフコキサンチンなどのキサントフィルを含み, 黄褐色ないし黒褐色を呈する。 コンブ・ワカメ・ヒジキ・ホンダワラ類などが含まれる。 褐藻類。 褐藻植物。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • 刲股 — 割大腿肉。 割股療親, 古以為孝行;割股祭祀, 則表示崇敬之至。 《新唐書‧孝友傳序》: “ 唐 時 陳藏器 著《本草拾遺》, 謂人肉治羸疾, 自是民間以父母疾, 多刲股肉而進。” 《新唐書‧烏重胤傳》: “﹝ 烏重胤 ﹞既歿, 士二十餘人刲股以祭。” 明 宋濂 《瞿員外墓志銘》: “今府君不自有身, 唯欲其親之安, 刲股愈疾固人之所難。” 清 魏源 《聖武記》卷十: “酒酣袒身相示, 自戰創班班外, 為親刲股痕七;左股四, 右股三。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • Horseracing in Japan — In Japan, horseracing is organized by the Japan Racing Association (JRA) and the National Association of Racing (NRA). The JRA is responsible for the horseracing event in Tokyo while the NRA is responsible for various local horseracing events… …   Wikipedia

  • — (離, 离) I lí ㄌ〡ˊ 〔《廣韻》呂支切, 平支, 來。 〕 亦作“ ”。 1.鳥名。 離黃, 即黃鸝。 《說文‧隹部》: “離, 離黃, 倉庚也。 鳴則蠶生。” 《詩‧豳風‧七月》“有鳴倉庚” 毛 傳“倉庚, 離黃也。” 唐 陸德明 釋文: “離, 本又作鵹、作鸝。” 2.靈鳥名。 長離, 即鳳。 比喻才華出眾的人。 《文選‧傅咸〈贈何劭王濟〉詩》: “雙鸞遊蘭渚, 二離揚清暉。” …   Big Chineese Encyclopedy

  • 掩護 — (掩護, 掩护) 1.保護起來不使人知;庇護。 元 紀君祥 《趙氏孤兒》第一摺: “子共母不能完聚, 纔分娩一命歸陰, 着 程嬰 將他掩護, 久以後長立成人, 與 趙 家看守墳墓。” 清 歸有光 《與曾省吾參政書》: “僕非敢緣舊識, 求門下有所掩護也。” 郭沫若 《洪波曲》第十章一: “ 漢口 市區, 因為有租界和敵產的掩護, 始終不曾被炸。” 2.指袒護。 柳青 《創業史》第一部第八章: “‘你又來了!人家割竹子掙下錢, 不還咱嗎?’老婆掩護兒子說。” 3.遮蓋。 清 蒲松齡… …   Big Chineese Encyclopedy

Поделиться ссылкой на выделенное

Прямая ссылка:
Нажмите правой клавишей мыши и выберите «Копировать ссылку»

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.